吉村 直 の 『 俳優生活 』

〜 一役者としての思いを記録しています 〜

「友の会」春のつどい

2009.03.23 Monday 08:27
CA3B0081.jpg
んちわ!おひさ!昨日稽古場にて「友の会」春のつどいが開催されましたよ〜ん!4月公演「ばんさんかい」の成功を目指し会員の皆さんと楽しい一時を過ごしましたよ〜。いつもの事ながら劇団員の手料理でおもてなし。とくに今回の「ばんさんかい」は「食」を通して現代を打つ!意欲作なので芝居にそった工夫作で大変だったみたいです。美味しかったよ〜ん!是非ともお芝居御覧あれ荑
青年劇場 | comments(0) | trackbacks(0)

第29回劇団総会!

2009.03.02 Monday 00:58
090301_1933~01.jpg
二年に一度の劇団総会が力強くこれからの指針を全員で確認して終わった!今時こんな集団は希有だろうなぁ!民主主義って本当にまだるっこし、面倒くさい。正直な話し、でもだから俺この劇団にいるんだろうな!まぁ貧乏とは縁をきれそうにないわ。あとはどれだけ人の心に深く、大きく残る舞台を創っていけるかじゃい!
青年劇場 | comments(0) | trackbacks(0)

総会爽快!

2009.03.01 Sunday 00:33
090228_1039~01.jpg
二年に一回の劇団総会でありまする。稽古場に120人からの劇団員が参加するんだからそりゃ大変タイ!それも二日にかけて。こんな劇団っていうのも珍しいでしょ。先輩達も素敵だが若い衆も負けてまへんで、こんな健全な劇団はほかにはないだろう!
青年劇場 | comments(0) | trackbacks(1)

「博士の愛した数式」

2009.02.20 Friday 01:00
博士の愛した数式は映画にもなったりして御存知の方もおらはましょうが、舞台にしているのは我が劇団なのであります。今日久し振りに見てつくづく良い舞台劇だなぁとおもった。原作者の小川さんの良さは勿論の事ではあるが、舞台劇に仕上げた福山啓子の力は大きい!原作には現れてない世界を非常にうまく出している。本当に深い芝居だ!22日まで新宿シアターサンモールにて上演。見るべし!
青年劇場 | comments(0) | trackbacks(1)

「キュリー×キュリー」

2009.02.16 Monday 11:04
いやいやいや昨夜?のアルコールを振り絞り新宿シアターサンモールへ!昨日、今日二日間限定の我が劇団青少年劇場ニューレパートリー「キュリー×キュリー」プレビュー公演を見て来た。手前味噌ながら素敵な舞台だったよ!この本はつい最近まで黒柳徹子さんを客演に仰ぎ、全国を駆け巡った財産演目。それを団内演出家板倉 哲が学校を中心とした芝居にリニューアル。元々はフランスの作家ファンウィック氏が書いたものフランス演劇界最高のモリエール賞を受賞した作品!よ〜く描けた最良の喜劇。それを青少年対象にアレンジした舞台だった。勿論キャストも若返り、キュリー夫婦も伸び伸びと存在感を示し、周りを固めるみんなも健闘している。まずまずの合格点。本番は七月全労済ホール。それまでにはもっと練り上げられるだろう。とにもかくにも新しいレパートリー誕生おめでとう荑裎
青年劇場 | comments(0) | trackbacks(0)

スタジオ「結」公演

2008.11.18 Tuesday 22:42


昨日は劇場仕込みのためお休みだったので(劇団員の皆さんは全員仕込み。本当にご苦労様です。)わが劇団へ久し振りに顔出し。
3班公演活動にて事務所もひっそり。

稽古場では来月9日に幕を開ける真船 豊作「鼬(いたち)」の稽古。
チラシの写真さながら重厚なセットが組まれていて、それだけでも圧倒されてしまいます!
演出の松波曰わく、 とにかく『鼬』は、凄まじいまでにエネルギッシュな戯曲である。こちらが圧倒されそうになるくらいだ。

登場人物を「彫刻的な」と評した批評家がいたが、急速な変貌をとげた日本の構造的な「ゆがみ」を骨肉相食む人間の修羅に凝縮した世界が『鼬』なのである。

〜「人間風刺」のドラマとして上演したい。
ー 劇団創立メンバーでもある小竹伊津子、次世代の上甲まち子、三世代になる藤木久美子がガッブリ四つにくみ周りをベテランと若手が支える。

小空間での見応えある舞台是非とも御覧あれ!
青年劇場 | comments(0) | trackbacks(1)

我が母校

2008.11.15 Saturday 13:23


今日 我が劇団の「3150万秒と少し」公演班が私の母校熊本県立松橋高校の創
立90周年特別行事として芸術鑑賞を行います。

現地に行けないのが残念でありますが、早いもので卒業して35年の月日が経ちました。私が現在演劇に携わるきっかけは三年生の同じ季節に高校の体育館で実施された芸術鑑賞でした。

その頃は今の所在地でなく木造の旧校舎、実施前日体育館脇にオンボロトラックとバスが横付けされたのを昨日ように記憶してます。
その劇団が青年劇場だった訳ですが。

演目は映画でも評判を取った「若者たち」(♪君のゆく道は果てしなく遠い〜)
初めて演劇に接しカルチャーショックを覚えたのであります。

その後新校舎の体育館にて凱旋公演した。
その時の演目は「我が街、我が愛」作者は「若者たち」と同じ山内 久。
なにか因縁めいたものを感じます。
カーテンコールで歌うテーマソングの歌詞がまさに街に育てられ、人に育てられてあり、こみ上げるものを抑えられませんでした。
生徒会長の御礼の言葉、「早くいい俳優になって下さい」に苦笑したものです。

多感な青春期には色んなものとの出会いは大切だと思う。
鑑賞行事を止める学校が増えてますが残念でなりません!
観客席に未来の同業者がいるかも知れない。

公演の成功を祈ります!

写真は松橋の朝と仕込み風景。
公演班の大月ひろみ君提供。
青年劇場 | comments(2) | trackbacks(0)

旅立ち!

2008.06.15 Sunday 11:41
サァ「族譜」全国ツアーへいざ出発
1
新宿西口、まだ建設中の東京モード学園ビル前(写真)11:00集合! 
一人の遅刻も無く(珍しい)全国後援会号に乗り込む。
中型バスではあるが、20人を超えるとちょっと窮屈だなぁ。
このバスで高速道路を大阪堺目指してまっしぐら! まさに拘束道路だ〜!
これもアナタ劇団財政を守る為ですよ。
好き好んで乗ってるんじゃないんですから。
今回は特に実行委員会公演でありますからして、徹底的に緊縮財政でっせ!
とにかく元気で乗り切ろう。
2
1 
3
   (吉村 直)
JUGEMテーマ:芸能



青年劇場 | comments(2) | trackbacks(0)

何じゃコリャ

2008.01.23 Wednesday 13:32
聞いてチョンだい!
今日は和歌山に「族譜」の普及に行くのじゃが、江戸地域は朝からすっかり雪化粧!
普通だったら脳天気なアタシとしたら「エエ風情じゃのぉ!」と庭駆け回っているところだが、「ムッ、こいつはヤバい! 早よ出よ。」と余裕を持って一時間半前に横殴りの吹雪の中、重たい荷物を両手に出掛けたと思いない。案の定、東武東上線が一時間近くの遅れ!「ワッハッハ、こんなこったろうと思ったぜ! こちとら先刻承知!」と乗り込んだまでは余裕があったのだが …。乗ってる間にどんどん遅れが長くなって来るではないの! テレビの今日の山羊座運勢、「約束時間に遅れ、トラブル」ワオ! ウッソー!? 車内放送「次の駅でJRに振り替え輸送。」降りてJR駅を目指す。途中にて「イヤ駄目だ! かなり厳しい。タクシーじゃ!」1250円! 悔しい! 誰に怒りをぶつけりゃエエンじゃい(責任者出てこ〜イ!) それでもなんとか池袋駅予定時に駆け込みセーフ! (外温は冷え冷えだが、ダッシュの成果バツグン汗深泥)な、なんと丸の内線も遅延!「神様お願い!これからは一生懸命真面目に働きますから!」願いが届いたのか!? 東京駅予定時に駆け込みセーフ! (ホッホッホ、普段の行いじゃ。諸君等も真面目に生きなさい) しかしなんじゃ! この背広姿の多さはいかにも日帰り出張軍団ではないか!? ともかく、今日はこれからも色々有りそうな雰囲気じゃ。        (吉村 直)
青年劇場 | comments(0) | trackbacks(0)

忘年会

2007.12.28 Friday 12:27
いやいやいや、長かった一年が過ぎ去ったじゃ!
よく生きて来ました! 
みんなお疲れさん。
1
来年も1月から慌ただしく公演か始まるぞ〜!
おらも4月「呉将軍」初めての主役じゃ!
とにもかくにも元気で、したたかに生き延びるぜよ
酒も煙草も控えて … と言いつつ、
今夜は燐光群の忘年会じゃ! ファイト  
(吉村 直)
2
3

JUGEMテーマ:芸能


青年劇場 | comments(0) | trackbacks(0)