吉村 直 の 『 俳優生活 』

〜 一役者としての思いを記録しています 〜

桜泣く

2020.03.31 Tuesday 16:59
花見の季節だと言うのに、今年の桜は心なしか俯いて見える。

まあ無理もないか、このコロナ騒動だ。浮かれた気分になんかなりゃしない。

志村けんも呆気なくコロナで死んだ。国民もこの死で、現実感を持った事だろう。

早く収まって欲しいものだ。
まあせめて咲き誇る桜にお前のせいじゃないって言ってやろう。

iPadから送信
- | comments(0) | trackbacks(0)

戦友の死を悼む

2020.03.22 Sunday 00:46
直方市民劇場事務局長の原田氏が死んだ。
あまりにも突然の知らせに呆然。

確かに癌である事は本人から聞いていた。しかしそれを告げた顔には絶対復活すると言う明るさがあった。無論私はそれを信じていた。
飯塚市民劇場事務局長池田氏と私と三兄弟と言ってたのに。

ゴリラ三兄弟でもある。

確かに人は必ず死ぬ。わかってはいる。だが原田氏の死には現実感が無い!おい!冗談だろう!
これからもっともっと、一緒に素敵な演劇を会員の皆さんに届けて行こうと思っていたのに!

教師を辞めて事務局長になったんだよね。いっつもあなたに会うたびに僕を支え続けてくれた恩師を思い出す!

あなたの顔はいつも生徒を見守る教師の顔だった。

仕方がない、今は現実を素直に受け止めよう。

あなたの道半ばは私達が受け止め、前に進みます!

だから同志よ!心配せず、安らかに眠れ。

iPadから送信
- | comments(0) | trackbacks(0)

誕生日なんです。

2020.01.10 Friday 23:22
いやいやいや、1月10日は私の誕生日なのです。おめでとうございます㊗️
65歳となりました。

30代で死ぬものと思っていたのに、よう生きたな。こればっかりは仕方ない。少しは他人様に喜んで頂いたことが出来たとは思う。

今新たに未知なる明日にむかって生きんとす。もうしばらくお付き合いくださいませ。

iPadから送信
- | comments(0) | trackbacks(0)

今年はね

2020.01.06 Monday 18:36
いやいやいや今年はね、有言実行でやりますよ!もう残り少ない人生、ちょっとはその気にならなきゃね!

単独一人読み語り、一人芝居!

ええやりますとも!
乞うご期待!

iPadから送信
- | comments(0) | trackbacks(0)

初夢

2020.01.04 Saturday 22:15
image0.jpeg
いやいや今年の初夢は、結構リアルな夢だった。舞台衣装が見つからず出トチリするという夢。

夢の中とはいえ冷や汗かいた。
- | comments(0) | trackbacks(0)

新しい一年が始まる

2020.01.01 Wednesday 07:42
謹賀新年⛩

2020年の始まりである❣️

大晦日は唄を歌い年を越えた。今年は色々とやらなくてはいけない事が有る。読み語りのライブを積極的に展開したい。

肥後にわかを追求する。熊本を代表する故ばってん荒川さんの物語を展開したい。まあとにかく色々と実行するのみ。宜しく❗️

iPadから送信
- | comments(0) | trackbacks(0)

終わった

2019.12.21 Saturday 09:39
「憲法くん」無事全日程終了しました。

最終地名古屋での2日間、中日新聞社会面に掲載された影響か両日共に満席の状態にて、千穐楽にふさわしい舞台だったように思う。
関係者の皆様本当にどうも有難う御座いました!

稽古から含めて大変でありましたが、憲法改悪を企む現政権に対する思いのスクラムが、乗り越せた一番の要因ではなかったでしょうが。
本当にお疲れ様でした!

打ち上げで労をねぎらいあいましょう!



iPadから送信
- | comments(0) | trackbacks(0)

「憲法くん」岡山に現れる

2019.12.17 Tuesday 11:56
さあ坂手氏の地元、岡山での公演である。やはり故郷というものは格別なものがありますな。
今回の照明家の竹林氏も地元である。坂手氏と高校時代からの縁也。

私も数年前、熊本の生まれ育った町にて「ジェームス三木作、演出(族譜)という戦前日本が植民統治下で名前まで日本名に変えさせた、創氏改名を扱った芝居を上演した。小学、中学時代の同窓生が実行委員会を立ち上げ実現したものだった。
お芝居の中で二度の朝鮮侵略した豊臣秀吉の、臣下である加藤清正は、今でも嫌われ者だが、熊本では今まだ英雄である。これを芝居上、批判する箇所があって、すったもんだがあったが、結局「吉村 直故郷公演実行委員会」という事で決行。座席数800の会場を900売り切り、大成功をおさめた。持つべきは「友」である。
この公演のエピソードは数多く有るので、どこかで記録としてお届けしたい。

乞うご期待!

iPadから送信
- | comments(0) | trackbacks(0)

憲法くん東京公演終了

2019.12.09 Monday 20:04
どもどもおかげさまで、「憲法くん」無事東京公演終了しました。

御運びくださった皆様ありがとうございました。なかなかハードな公演でありましたが、御覧頂いた皆様憲法改悪に憤慨。公演中にペシャワール会中村哲氏の訃報が届き、暗澹たる気持ちになりましたが、彼の死はまさに憲法9条を拡大解釈して、我が国を「戦争出来る国」にしようと画策している安倍政権と無関係ではないかと思います。
中村哲氏のこれまでなされた偉業は日本人の誇りであり、これこそ最大の平和行動であると思います
戦力を持たないことが、平和を実現する。
残念な事は安倍政権を応援する人達は、武力で対抗しなければならないと声高に言っていることだ。
中村哲氏は絶対にそんな事は望んでいません!
憲法くん上演中、杉並区議田中議員が「こんな芝居を公共の施設で上演させていいのか!」とネット上で言ってらっしゃいますが、愛知県でもあった「表現の不自由展」への攻撃と一緒です。
こんな攻撃は大したことじゃないと看過してはいけないのです。

ドイツのナチスは、こうしたところから育って行ったのです。
特に現代日本マスコミは牙を抜かれています。
しっかりと自分の目を磨いて、また自分の感性を信じて「変なことは変!」「王様の耳はロバの耳」
とはっきり言って行きたく思います


中村哲氏こそ、国民栄誉賞を、ノーベル平和賞を!


iPadから送信
- | comments(0) | trackbacks(0)

たくさんの奇跡

2019.10.31 Thursday 17:52
たくあんっておにぎりとの相性バツグンだと知ってた?

i
- | comments(0) | trackbacks(0)